「寒中御伺」を贈ってよい時期は?

本格的な寒さの続く寒の間の時期(寒中)に「お伺い」の贈り物をすることを「寒中御伺」といいます。松の内(関東は一月七日、関西は一月十五日)が過ぎてから、二月四日頃の立春の前までに贈ります。また、立春を過ぎても寒さが残るときの贈り物は、「余寒御伺」として二月末頃までに贈ります。(お礼状は早めに出す:「御歳暮」や「寒中御伺」をいただいたときは、すぐに礼状を送るか、電話をするようにしましょう。)

冬の贈り物の関連記事

その他のギフト関連の記事

open

冬の贈り物