出版記念のお祝いに対するお返しは?

記念パーティーや別の機会に、自書にサインをして贈ることが多いようです。表紙の裏にある見開きの紙の部分、または短冊に相手の名前とふさわしいひと言を添えて、贈り主の名前を書いて贈ることもあります。(「贈呈」の使い方:「贈」「贈呈)は会社や団体等に贈る場合、目上の人には使わないほうが無難です。目上の方や社会的立場の違う方には「謹呈」「献呈」「敬呈」を使います。「献上」は最上級の表書きです。手元に置いていただければ幸いです、との気持ちで贈る場合には「恵存」を使います。)

仕事のお祝いの関連記事

その他のギフト関連の記事

open

仕事のお祝い