お中元と暑中見舞いの違いは?贈る時期が遅くなったら暑中お伺いで季節の挨拶を

お中元と暑中見舞いの違いは?贈る時期が遅くなったら暑中お伺いで季節の挨拶を

日頃お世話になっている取引先の方に、季節の挨拶としてギフトを贈ると、感謝の気持ちを伝えることができます。よく耳にする夏のギフトに「お中元」「暑中見舞い(暑中お伺い)」がありますが、その違いについて詳しく知らないという方も。そこでこの記事では、夏のギフトの違いと暑中見舞い(暑中お伺い)の選び方やマナー、おすすめの商品をご紹介します。

お中元と暑中見舞いの違い

お中元と暑中見舞いの違い

お中元と暑中見舞いの違いは、贈る時期です。

  • お中元:7月初め(場合によっては6月中旬)~7月15日(地域によっては8月15日)
  • 暑中見舞い:7月16日頃~立秋(2021年は8月7日)

お中元を贈る時期は、全国的に7月初めから15日頃までの間に贈るのが一般的です。

最近では7月に集中することを避けるために、6月中旬から贈る方も増えています。また地域によっては違いがあるため、月遅れで8月1日から8月15日まで贈るところもあります。

お中元の時期を逃してしまったら暑中見舞い(暑中お伺い)を

お中元に対して、暑中見舞いを贈る時期は、7月16日頃から立秋までです。

ビジネスで贈る場合には、より丁寧な「暑中お伺い」とするのがベター。2021年の立秋は、8月7日なので、それまでは暑中お伺いとして贈りましょう。ちなみに、立秋以降から9月初旬までなら、残暑お伺いになります。

贈る時期は地域によって、多少の違いがあるため、地域が違う方に贈る場合は、相手の時期に合わせるのが良いでしょう。

お中元と暑中お伺いはどちらも、日頃お世話になっている方に、感謝の気持ちを伝えるものです。ハガキで挨拶する方もいますが、ギフトを贈るとより感謝の気持ちが伝わり、喜んでもらえるでしょう。

取引先への暑中見舞いは「暑中お伺い」・のしは「暑中御伺」

一般的には暑中見舞いですが、目上の方や取引先へ贈る場合は、先にお伝えしたとおり暑中お伺いとして贈りましょう。

暑中お伺いのギフトには、紅白もろわな結び(花結び)ののし紙を選び、表書きは「暑中御伺」と書きます。下段には、社名と代表者の名前を名入れします。

暑中見舞い(暑中お伺い)の選び方とマナー

暑中見舞い(暑中お伺い)の選び方とマナー

ビジネスシーンで暑中見舞い(暑中お伺い)を贈る際には、品物選びだけでなく、マナーを抑えているかも大切です。ここでは暑中見舞い(暑中お伺い)の選び方のポイントとマナーをご紹介します。

選び方のポイント

暑中見舞い(暑中お伺い)は、夏の暑い時期に贈るギフトなので、冷やすと美味しいゼリーやアイス、ジュース、ビールなどが人気です。またコーヒーや紅茶などは、仕事や休憩中に飲め、オフィスの様々なシーンで重宝するでしょう。

職場に贈る場合は、分けやすいよう個包装のものを選ぶのがおすすめです。

予算相場

暑中見舞い(暑中お伺い)の予算は、3,000円~5,000円が一般的です。特にお世話になっている取引先には、少し高めの5,000円~10,000円の予算で考えましょう。

お付き合いの度合いや、贈り手の年齢によって金額に違いがありますが、お互いに負担にならない程度に抑えることが大切です。

お中元や暑中見舞い(暑中お伺い)は、基本的には毎年贈ることになります。昨年よりも安い物を贈るのは失礼になるので、以前贈ったことがある取引先に贈る場合は、去年と同じくらいの予算になるようにしましょう。

贈る側、贈られる側、双方に負担にならない程度の金額にすることで、きっと良い関係を続けられます。

暑中見舞い(暑中お伺い)のギフトを贈る際は事前に挨拶状を贈る

暑中見舞い(暑中お伺い)のギフトが届くより前に、挨拶状を贈るとより丁寧です。また今後の関係性を、一層良い方向へと発展させるきっかけにもなります。

挨拶状を贈る際は、ギフトより2日~3日ぐらい前に、取引先に届くように出しましょう。

挨拶状は、最初は時候の挨拶から始まり、お礼や今後のお付き合いを願う言葉、相手の健康や繁栄を祈る言葉を記し、贈り物の内容、送る理由、発送した日、到着予定日などを書きます。

喉の渇きをうるおす【冷たいドリンク】

喉の渇きをうるおす【冷たいドリンク】

ジュースやお茶などは、冷やすと美味しく水分補給にも活躍するため、暑中見舞いで定番のギフトです。飲みきりサイズのドリンクを贈れば、職場でも気軽に飲むことができます。

またビールも人気商品なので、夏らしく爽快感を味わえるものを選びましょう。家に持ち帰って楽しんでもらえます。

【カゴメ】《お中元》野菜生活 国産プレミアム紙容器詰合せ

【カゴメ】《お中元》野菜生活 国産プレミアム紙容器詰合せ
『カゴメ』の“野菜生活 国産プレミアム紙容器詰合せ”は、100%国産の素材で作られた、フルーツが主役の野菜ジュースのセット。

独自の加工技術で、自然の恵みを活かしながら素材本来の旨みをギュッと凝縮し、濃厚な甘みと香りが楽しめます。

白桃ミックスと、メロンミックス、ラ フランスミックス、巨峰ミックス、デコポンミックス、さくらんぼミックスの6種類が入っています。

紙容器に入っているので、飲んだ後は可燃ゴミとして捨てられるのも嬉しいポイントです。

【アサヒ飲料】《お中元》ウェルチギフト

【アサヒ飲料】《お中元》ウェルチギフト
『アサヒ飲料』の“ウェルチギフト”は、フルーツ果汁100%のジュースがセットになった商品です。

果実の産地や品種にこだわり、最適な加工方法で丁寧に作られています。

ホワイトグレープ&レモンと、コンコードグレープ、アップル、オレンジ、マンゴーブレンド、パインアップルブレンドが、全部で28本入っています。

味のバリエーションが多いので、好きなものを飲んでもらえるでしょう。

【サントリー】《お中元》黒烏龍茶・胡麻麦茶ギフト

【サントリー】《お中元》黒烏龍茶・胡麻麦茶ギフト
『サントリー』の“黒烏龍茶・胡麻麦茶ギフト”は、特定保健用食品の黒烏龍茶と、胡麻麦茶がセットになったギフトです。

冷やして飲めば、夏の水分補給として喜んでもらえるでしょう。

さらに、どちらもトクホなので、健康志向の方にもおすすめです。

【アサヒ】《お中元》スーパードライ

【アサヒ】《お中元》スーパードライ
『アサヒ』の“スーパードライ”は、人気のビール「スーパードライ」がセットになったギフトです。

350ml缶が10本、500ml缶が2本入っています。

ビールは暑中見舞いで、人気の商品です。スーパードライは、キレ味があってすっきりしているため、飲みやすく、幅広い年代の方に好まれるビールです。

日本国内だけでなく、世界中で愛されているビールなので、大切な取引先にも安心して贈ることができます。

「涼」を感じられる【スイーツ・お菓子】

「涼」を感じられる【スイーツ・お菓子】

暑中見舞いは、暑い時季に贈るギフトなので、夏ならではの冷たいスイーツやお菓子も人気です。アイスクリームやゼリーなど、涼が感じられるものを選びましょう。ひんやりした食感と甘さで、疲れた時の糖分補給にもなります。

【ロイスダール】《お中元》フルーツゼリー詰め合わせ

【ロイスダール】 《お中元》フルーツゼリー詰め合わせ
こちらは、爽やかなフルーツを使ったゼリーの詰め合わせ。オレンジ、パイン、グレープ、ピーチの4種類が入っています。

夏に嬉しいゼリーの食感と、贅沢に入った果肉の味わいが楽しめます。

【宗家 源 吉兆庵】《お中元》源 吉兆庵の清水白桃ぜりぃ

【宗家 源 吉兆庵】《お中元》源 吉兆庵の清水白桃ぜりぃ
こちらは、季節に応じた菓子づくりにこだわる『宗家 源 吉兆庵』の、清水白桃を味わい尽くせる贅沢なゼリー。

上品な甘みととろけるような口あたりが特徴です。

和の装いが、ほっと心を緩ませてくれそうですね。

【彩果の宝石】《お中元》フルーツゼリーコレクション

【彩果の宝石】フルーツゼリーコレクション
『彩果の宝石』の“フルーツゼリーコレクション”は、フルーツの形が可愛らしいゼリーのセット。15種類の味が入っています。

日本だけでなく世界各地から、美味しく育った果物を取り寄せて使用しているため、ゼリーになってもフルーツ本来の風味が楽しめるのが特徴です。

1個ずつのサイズが小さいので、仕事中でも気軽に食べてもらえるでしょう。

【日本橋 千疋屋総本店】《お中元》アイスクリーム・シャーベット詰合せ

【日本橋 千疋屋総本店】《お中元》アイスクリーム・シャーベット詰合せ
こちらは、夏に嬉しいアイスクリームとシャーベットの詰め合わせ。

贈答品として多く選ばれている『日本橋 千疋屋総本店』の、季節感をたっぷり味わえるセットです。

素材本来の豊かな風味と、自然な口どけが楽しめます。

リラックスタイムに飲める【コーヒーや紅茶】

リラックスタイムに飲める【コーヒーや紅茶】

コーヒーや紅茶は、自分たちで楽しむこともできますし、お客様に出すこともできるため、汎用性が高く喜ばれるアイテムです。

賞味期限が長く、個数がたくさん入っているものが多いため、職場のみんなに贈ることができます。

【スターバックス】《お中元》プレミアムミックス

【スターバックス】《お中元》プレミアムミックス
こちらは、『スターバックス』のカフェラテと、キャラメルラテ、抹茶ラテ、カフェモカがセットになったギフトです。

カップに粉を入れてお湯を注ぐだけで、スターバックスで人気のラテがオフィスや自宅で手軽に飲めます。

厳選されたアラビカ豆や、ミルクパウダーなどで作られているので、クリーミーで贅沢な味わいを楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

【AGF】《お中元》ブレンディスティックアイス&ホットオレギフト

《お中元》ブレンディスティックアイス&ホットオレギフト

こちらは、コーヒーをはじめとする飲料が人気の『AGF』のブレンディスティックのギフトです。

数種類のカフェオレと紅茶オレ、ココアオレに、夏季限定の瀬戸内レモンオレ・宇治抹茶オレなどアイスで楽しめるオレが加わっています。

色々な味わいのオレが楽しめるのが嬉しいポイントです。

【フォートナム&メイソン】《お中元》ティーバッグ詰合せ

【フォートナム&メイソン】《お中元》ティーバッグ詰合せ
こちらは、1707年創業の歴史あるブランド『フォートナム&メイソン』の、ティーバッグの詰め合わせ。人気のテイスト6種類が入っています。

ティーバッグになっているので、オフィスでも手軽に上品な味わいが楽しめます。

【放香堂】《お中元》茶師十段酢田恭行監修 宇治銘茶詰合せ

【放香堂】《お中元》茶師十段酢田恭行監修 宇治銘茶詰合せ
『放香堂』の“茶師十段酢田恭行監修 宇治銘茶詰合せ”は、京都の和束町産・煎茶と南山城村産・煎茶が入ったギフトです。

江戸時代の天保年間(1830~1843)に創業された、老舗の宇治茶を取り扱う専門店で作られています。

茶畑の土づくりからこだわっており、100%京都府産の茶葉を使っています。贅沢な味わいが楽しめるのが特徴です。

暑中見舞い(暑中お伺い)でお世話になっている取引先の方へ感謝が伝わるギフトを

暑中見舞い(暑中お伺い)でお世話になっている取引先の方へ感謝が伝わるギフトを

お中元の時期を逃してしまったが、取引先に贈り物をしたいときは、暑中見舞い(暑中お伺い)で季節の挨拶をしましょう。暑中お伺いは、日頃の感謝の気持ちを伝えるのに良い機会でもあります。

この記事でご紹介した商品を参考にして、三越伊勢丹法人オンラインストアで、暑中お伺いのギフトを探してみてください。