【2022年夏】お中元の時期を地域別にご紹介|マナーを守って取引先へ感謝を伝えよう

【2022年夏】お中元の時期を地域別にご紹介|マナーを守って取引先へ感謝を伝えよう

お世話になった取引先へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元ですが、お中元を贈る時期はぼんやりと7月から8月あたりと考えていませんか?実は日本では地域によってお中元を贈る時期が異なります。この記事では、地域別のお中元を贈る時期とおすすめの商品をご紹介します。

お中元に半年間の感謝の気持ちを込めて贈る

お中元に半年間の感謝の気持ちを込めて贈る

お中元は、上半期の区切りとしてお世話になった方へ感謝の気持ちと「これからもよろしくお願いします。」の気持ちを込めて贈る夏のご挨拶です。

今後の良好なお付き合いを願いつつ、半年間の感謝をギフトに込めて贈りましょう。

地域別にみる|お中元を贈る時期

地域別にみる|お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は、地域によって異なります。例えば、東日本と西日本では1ヶ月程度も時期が違うため、お中元を贈る相手が住む地域に合わせた正しい時期を知ることは重要です。

取引先がある地域に合わせてお中元を贈るさりげない心遣いを忘れないことで、相手への感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。

東北・関東

東北と関東は、一般的に7月初旬から7月15日までがお中元の時期です。

しかし、近年では、東京都や神奈川県を中心にお中元を贈る時期が早まってきていて、6月20日頃から贈り始めるケースも目立ちます。これは、関東のお中元の期間が短いことが原因だと考えられます。

本来、お中元などの贈り物は直接持参するのがマナーとされてきましたが、現在は様々な理由から配送するのが一般的になってきています。

そのため、2週間の間に配送依頼が集中して日時指定ができなくなったり、お中元の期間内に配送が間に合わなくなるなどの事象が起こるようになったことが、お中元の時期が早まってきている理由です。

北海道・東北・関西・中国・四国

北海道・東北・関西・中国・四国のお中元は、7月15日~8月15日までに贈るのが一般的です。期間は1ヶ月と余裕がありますが、関東の影響を受けてお中元を贈る時期が早まってきています

発送が集中して期間内に届けられないのを避けるため、7月より早い時期から贈り始めることがあります。

北陸

北陸は、関東と同じ月初旬~7月15日に贈ると地域と、北海道や東北などと同じ時期である7月15日~8月15日の時期に贈る地域に分かれています。

関東と同じ時期に贈るのは都市部を中心にした地域です。北陸地方にある取引先へお中元を贈る時は、お中元の時期を確認してから贈るように注意しましょう。

九州

九州のお中元の時期は、8月1日から8月15日までの2週間ほどです。東北や関東とは丸1ヶ月も違うため注意してください。

ただし、近年は九州でもお中元を贈る時期が早まっていて、7月中に贈る方も増えてきています

沖縄

沖縄のお中元の時期は、他の地域とは違っていて、旧暦の7月15日までに贈ります。その年によってお中元の時期が異なるため、沖縄へお中元を贈る場合はその年の旧暦7月15日を確認しましょう。

このように、日本では地域によってお中元の時期が異なるため、お中元を贈る時期が近づいてきたら、各地域の時期を前もってリサーチして失礼のないように気を付けることが大切です。

お中元を贈る時のマナーを再確認

お中元を贈る時のマナーを再確認

日頃の感謝を伝えるお中元ですが、取引先へ失礼のないようにお中元を贈る際のマナーを再確認しておきましょう。

取引先へ贈るお中元の予算

取引先へのお中元の平均予算は、5,000円~10,000円です。一般的には5,000円程度のものを選ぶことが多いですが、その年に特にお世話になった取引先へ贈る場合は、10,000円ほどのものを選ぶと良いでしょう。

また、同じ相手に贈り物が続いた場合や、相手に余計な気遣いをさせたくない場合は3,000円ほどのものを選んでも構いません。

お中元にかけるのし紙

お中元は正式な贈り物になるため、のし紙をかけて贈るのがマナーです。使用するのし紙は、何度あっても良い慶びごとに使用する「紅白のもろわな結び(花結び)」のもの。

上段に「お中元」または「御中元」と書き、下段には会社名または代表者の名前を入れましょう。

三越伊勢丹法人オンラインストアでは、一部の商品を除き無料でのし紙と包装紙を利用いただけます。さらに、手さげ袋が必要な場合、注文した数量分の手さげ袋を無料でお付けします。

挨拶の言葉を添える

正式なマナーでは、商品より先に「心ばかりの品を送らせていただきました。」といった内容の送り状を出します

しかし、最近では、あらたまった贈り物をする際、商品に挨拶状を添える方法でも失礼にあたらないと感じる人が増えてきています。

お中元の時期を過ぎてしまった場合

お中元を贈る時期が遅くなってしまった場合はどうしたら良いのでしょうか。

もしもお中元の時期を逃してしまったら、7月15日から立秋(8月7日頃)に贈る場合は、のし紙の表書きを「暑中御伺」とします。立秋から8月末頃になった場合は、のし紙の表書きを「残暑御伺」と書きます。

どちらの場合も、地域のお中元の時期を確認して、遅れてしまっても慌てず早めに贈りましょう。

また、相手が喪中の場合ですが、お中元はお祝い事ではなく相手に感謝の気持ちを伝えるための贈り物なので贈っても構いません。ただし、のし紙は紅白のものではなく、白無地のものを使う配慮が必要です。

そして、相手が喪中の場合は四十九日が過ぎてから贈るのも相手への思いやり。もしも、四十九日を過ぎたタイミングがお中元の時期を過ぎてしまっていたら、「暑中御伺」や「残暑御伺」として贈りましょう。

お中元はビジネスマナーを再確認して贈ろう|取引先におすすめの贈り物15選
お中元の時期を過ぎても大丈夫!「暑中お伺い」を贈って日頃の感謝を届けよう

ブレイクタイムに食べてもらえるお菓子のお中元

ブレイクタイムに食べてもらえるお菓子のお中元

ここからは、三越伊勢丹法人オンラインストアがおすすめするお中元のギフトをご紹介します。

贈り物の定番であるお菓子は、お中元に選ばれることが多いアイテムです。取引先へ贈るお中元は、常温で保存できるお菓子を選ぶのがポイント。冷蔵庫保存が必要なものは、保管に気を遣わせてしまいます。

おすすめなのは、ブレイクタイムに食べてもらえる手軽に食べられるお菓子です。シェアして食べやすい個包装のもの、見た目が可愛いものなど特別感のあるものを選んで贈りましょう。

【彩果の宝石】《お中元》フルーツゼリーコレクション

【彩果の宝石】《お中元》フルーツゼリーコレクション

涼しげな宝石のような見た目が美しい『彩果の宝石』のフルーツゼリーです。世界各地の果実を使って、果汁や果肉の風味をそのまま閉じ込めました。

フルーツをかたどった可愛い一口サイズのゼリーは、フルーツ本来の美味しさが味わえます。絶妙な弾力がグミのようで、歯切れの良い食感が特徴です。

休憩時間など、口寂しい時や甘いものが欲しくなった時に手軽につまんでもらえます。

【葵の倉】《お中元》夏の米雅楽

【葵の倉】《お中元》夏の米雅楽

『葵の倉』で人気のおかき・せんべいと、季節限定商品のおかきを組み合わせた詰め合わせです。

トマトの酸味とサクサクの食感が新しい「トマトおかき」など、和風・洋風の味わいが楽しめる計40枚。

お茶はもちろん、ビールやワインにも合う贅沢なセットです。

【京都祇園萩月】《お中元》嵯峨野

【京都祇園萩月】《お中元》嵯峨野

京都・嵐山の四季の移ろいを表した、華やかなパッケージが目を引く『京都祇園萩月』の京あられです。

1袋に7種類の煎餅・あられが入った定番の「あられ」、豆菓子中心の「おつまみ」、黒砂糖や胡麻などの4種類のかりんとうが入った「花かりん」、カラフルな色どりのえびせんべい7種が入った「えびせん」、黒豆の食感が楽しめる「黒豆おかき」の5種類がたっぷり45袋も入っています。

1回で食べきれるちょうど良い量で、仕事の合間につまむのにぴったり。1つの袋で色々な味が楽しめ、贅沢な気分になってもらえる詰め合わせです。

【アンジェリーナ】《お中元》焼菓子アソート

【アンジェリーナ】《お中元》焼菓子アソート

フランスのパリに1903年に開店した『アンジェリーナ』は、誕生以来、ココ・シャネルなどの著名人やパリの人達に愛され続けてきた菓子店です。

こちらは、疲れた時に嬉しい優しい甘さの焼き菓子のセット。バターをたっぷり練り込んだクッキー生地に、マロンペーストをはさんだ「マロンサンド」や、マドレーヌ、フィナンシェ、フルーツケーキを詰め合わせました。

個包装で28個入っているため職場でシェアしやすく、コーヒーや紅茶に合わせて食べてもらえそうです。

来客時にも活躍するお茶のお中元

来客時にも活躍するお茶のお中元

お茶は休憩時間や来客時に活躍するため、お中元やお歳暮に選ばれる人気のギフトです。常温で保存できて賞味期限が長いこともお茶がお中元におすすめの理由

お茶は様々なシーンで飲まれる飲み物です。食事中または食後に、休憩時間やテレビを観るリラックスタイムになど、食事やお菓子との相性が良いのもお茶の特徴です。

普段、ペットボトルでお茶を飲んでいる方でも、茶葉からお茶を淹れる特別な時間は贅沢な気分になれるのではないでしょうか。

【松北園】《お中元 三越伊勢丹限定》宇治茶水出しティーバッグ詰合せ

【松北園】《お中元 三越伊勢丹限定》宇治茶水出しティーバッグ詰合せ

1645年創業の『松北園』は、日本茶の発祥地である宇治で、新しい伝統の創生を目指してお茶づくりを続けています。

こちらの“宇治茶水出しティーバッグ詰合せは、美味しいお茶を手軽に味わえるように急須を用意しなくてもお茶がすぐ飲めるティーバッグのお茶です。

暑い夏に嬉しい水出しタイプで、いつでも新鮮なお茶が味わえます。

【古賀茶業】《お中元 三越包装限定》福岡八女玉露・八女煎茶「ななつ星」詰合せ

【古賀茶業】《お中元 三越包装限定》福岡八女玉露・八女煎茶「ななつ星」詰合せ

福岡の八女茶の普及と品質の向上に努め、八女茶の美味しさを届けるため研究開発に取り組んでいる『古賀茶業』。美味しいお茶を作るため、土づくりからこだわっています。

爽やかな味わいの煎茶はスッキリとして飲みやすく、冷蔵庫で冷やして冷茶として飲むのもおすすめです。玉露はお茶好きの方に好まれる深みのある香りが特徴のお茶。

取引先へのお中元にふさわしい上品で高級感のあるパッケージもおすすめしたいポイントです。

【静岡キタハイ川根銘茶】《お中元》「手摘み」

【静岡キタハイ川根銘茶】《お中元》「手摘み」

特別な方、大切な取引先へ贈りたいのが『静岡キタハイ川根銘茶』の高級茶です。

静岡の川根地区にある大井川上流の山間地は、良質な茶葉の産地として知られています。この地は、昼夜の寒暖差が大きく、日照時間が短いためコクが深く爽やかな香りの茶葉が育ちます。

木箱に入れられ、丁寧に包装された高級感のあるお茶は、もらって嬉しいギフトです。

リラックスタイムのお供になるコーヒーのお中元

リラックスタイムのお供になるコーヒーのお中元

仕事中や気分転換したい時に飲んでもらえるため、お中元などのギフトに選ばれることが多いコーヒー。コーヒーは相手を選ばず喜んでもらえる実用的なギフトとして人気です。

また、コーヒーは自分で楽しむのはもちろん、おもてなしにも使えるので便利なアイテム。お中元に選ぶコーヒーは、おしゃれなデザインのものや手軽に飲めるものがおすすめです。

【AGF】《お中元》ちょっと贅沢な珈琲店スティックブラックギフト

【AGF】《お中元》ちょっと贅沢な珈琲店スティックブラックギフト

飲みたい時にすぐ飲めるスティックタイプのコーヒーです。贅沢な気分でコーヒーが楽しめる「ちょっと贅沢な珈琲店」。

短い休憩時間など、ちょっとコーヒーが飲みたいという時にお湯を注げば美味しいコーヒーが飲めます。ブラックなので、ミルクや砂糖でお好みで調整できるのもおすすめのポイントです。

エチオピア、ブラジルブレンド、タンザニア、モカブレンドの4種類の味が各14本ずつ入っています。

【スターバックス】《お中元》オリガミパーソナルドリップギフト

【スターバックス】《お中元》オリガミパーソナルドリップギフト

『スターバックス』の「オリガミパーソナルドリップ」は、日本の伝統文化である「折り紙」のように、丁寧に心を込めてコーヒーを淹れて味わってもらいたい思いを込めたコーヒーです。

1杯ずつ特別な器具を使わずに淹れられるドリップタイプなので、飲みたい時にすぐ美味しいコーヒーが味わえます。

有名コーヒー店の味が自宅や職場で味わえる、贅沢な気分でゆったり流れる時間を楽しんでもらいたい。そんな思いを込めて贈りましょう。

【カフェ ソラパ】《お中元》ドリップコーヒーセレクション

【カフェ ソラパ】《お中元》ドリップコーヒーセレクション

「宝石のように輝いて、世界へ羽ばたくコーヒーを目指して」との思いを込めた『キャピタルコーヒー』のブランド『カフェ ソラパ』のコーヒーです。

世界のコーヒー産地からコーヒー豆の個性と品質を追求し、マイルドな焙煎にこだわりました。甘い香りと良質な酸味のコロンビア産のコーヒー豆を使用した「エメラルドマウンテン」など、便利なドリップタイプで手軽に飲めるコーヒーをお届けします。

お中元の時期を再確認して感謝の気持ちを届けよう

お中元の時期を再確認して感謝の気持ちを届けよう

取引先へ贈るお中元は、良好な関係を続けるためにも相手の地域に合わせた時期を確認して贈りましょう

この記事では、地域別にお中元の時期をご紹介しましたが、時期が多少ずれてしまったとしても、「暑中御伺」「残暑御伺」として贈れるので、あまり神経質になりすぎなくても良いでしょう。

大切なのは、贈る相手が喜んでくれるものを心を込めて選ぶことです。

三越伊勢丹法人オンラインストアには、センスの良い商品を多く取り揃えています。また、法人に特化した便利なサービスや機能も充実していますので、ぜひ利用してみてください。